フィリピン人妻が怒り狂うタブー事項

フィリピン人

日本人同士でも、夫婦関係、恋人関係において、これを言ったら、関係が破綻してしまう言葉というのが存在する。

私たちの間でも、一つだけ存在する。下記の言葉は禁句である。

お金目的でつきあっているんでしょ。

お金目的で、関係を保っているということを匂わすだけでアナは、猛烈に怒り出す。本当に手が付けられない。

けんた
けんた

フィリピン人に家を乗っ取られた日本人が多いんだって。

アナ
アナ

それは何のために言ってるの。私達の家族が家を乗っ取るということ? 5年間付き合ってきて、一度もあなたにお金さえも要求をしたことがないわ。

アナ
アナ

確かに、そういう人がいるのは知っている。でも人それぞれで違うし、そんな風に思っているなんて。

ふざけるな! もう連絡してくるな Fuck you!!

けんた
けんた

アナ、ごめん、悪かった

このような感じである。このようなやり取りを何回か繰り返した。

一般的な話として、フィリピン人が日本人をだました話をしただけで切れる。こちらも、わざわざ、アナに話題を持ち出す必要もないのだが。

日本人側としたら、一番の懸念事項が金銭問題だと思うし、実際に、フィリピン人家族、親戚関係をよく観察せずに、家、携帯など高価なものを貢いでしまうケースも多いので、ナーバスになることはやむを得ないことである。

月曜日に会話した。

けんた 「今週の金曜日にお金送るよ。」

アナ  「ありがとう」

けんた 「あれ、受け取りを拒否しないの?(笑)」

アナ  「この前仕事始めたばっかりだから、あまりお金ないの。電気代も要るし。」

けんた 「わっはっは」

さあ、今日は給料日だ。TransferWise(手数料めっちゃ安い)を使って、仕送りしよう。もう、結局、頼ってるやん。でも、コロナで仕事ができなくて大変だったしな。

しかし、金銭問題に関する発言には、今後も十分、気を付けようと思う。

0

コメント