フィリピン人の中流階級の稼ぎ

フィリピン人

フィリピンでは、まだまだ貧しい人が多いが、一方で、最近は、そこそこ余裕のある暮らしができる人々も増えているという。

アナの兄弟で唯一、フィリピンに在住する妹は、セブの`大手銀行で働いていて、3万ペソ近いの給料を稼ぎ、その彼氏は、アナが働いていた外資系企業のエンジニアで5万ペソ稼いでいるという。二人合わせて、月8万ペソか。日本円だと17万を超える

すごいじゃないか。もしかしたら、フィリピンで過ごしている日本人の年金はこれより少ない場合が多いのではないか。さらに現地法人に勤める日本人もこれより少ない場合もあるのではないか。

少なくともフィリピンにおいては、所帯月8万ペソという収入は十分であるように思える。フィリピンではこのような中流階級が最近増えているという。

最近、二人とも別の土地をそれぞれローンで100㎡の土地を買ったという。すごいじゃないか。若干、25,6歳で地主か。アナもこの二人から刺激を受けていると思う。

また、フィリピンで生まれて、ずっとその中で生活しているので、日本人とは違い、生活レベルは、低くて慣れているので、そんなの浪費することもない。(まあ、フィリピン人は、お金があったらあるだけ使うという性質があることもつけ加えておかなくてはならないが)

日本人なら、現地の食事だけの生活やクーラーなしでは暮らせないだろう。だからフィリピンでは、想像以上にお金がかかる。

もちろん、まだまだ、道路はひどいし、断水、停電が起こるようでは、生活レベルは低いと言わざるを得ないが、裕福なフィリピン人が以前より増えていることも事実である。また、物価も上がっているし、多くの年金暮らしの日本人の方がフィリピン、タイから日本に帰国しているという。以前のようなお得感はないだろう。

日本人も油断していると、貧困層はともかくとして、そこそこ、稼いでいる中流階級のフィリピン人に追い抜かれるぞ。

とにかく、アナの妹も頑張っているじゃないか。

アナと私も頑張らないとなと思う。

0

コメント